. . .

運営者の考え・思い

諸々準備していて、自分の過去を振り返って思ったことがあります。

 

運営担当が最初に外人女性にアプローチしようと思ったきっかけ


私が、結婚を外人女性と考え始めたのは綺麗な女性だからというのもありますが、日本に縛られたくない、日本の窮屈さに一生がんじがらめにされるなんてまっぴらごめんだという思いがありました。

外人女性というものも経験がなかったので、その時に結婚相談所が目について、極東ロシアって近いんだなとなんとなく思いました。エージェントに軽くコンタクトしたりもしていました。忙しくてそういうことも忘れていました。

某相談所に入会する

時はたち、日本人の彼女と別れ、真剣に婚活を始めた際に、私はロシア系の結婚相談所に入ることにしました。自分でどう探していいか皆目見当がつかなかったので時間を買うイメージでした。何らかのフォローはあるだろうと思いました。結論からいうと何もありませんでした。

お世話になっていたところに紹介されてハバロフスクに行きました。3名の女性と会えるという手はずでしたが誰も来ませんでした。オーナーさんは良い人でしたが、特に土地勘があるわけではありませんでした。知り合いの大阪のロシアおばちゃんをとっかかりにしているようですが、おばちゃんとの仲も微妙そうでした。

僕はその時は路上の女性に声をかけるということは日本ではやったことがあっても、海外でやったことはなくできなかったので、いいカモでした。

ある出会い系を通じてあった女性と一人あって、車に乗せてもらい、観光して帰りました。エージェントからは危険だそういう女性とはかかわるなと言われました。

自分が嫌いなはずの日本にがんじがらめにされた瞬間でした。なんのことはない、自分は商業的に扱われたカモです。こういうのは絶対このエージェントではやりません。

不思議な実績のない結婚相談所

一人の女性も紹介できず、念書や覚書は煩いのに、ドタキャンするような女性しかセッティングできない自分たちのことは棚に上げていました。

婚活の一環としてせめてもの思いで、自力で探した女性に会っているとそれは危険だ!と警告してくるのが日本の結婚相談所です。その頃を思い返すに、日本の他のエージェントは全部日本の感覚でやっていると思います。

危ないのは自分たち、相手に合わせないのは自分たちなのに、自分が正義(しかも全然セッティングできない、女性管理できてない)という不思議な人達です。

必要なことは相手のことを想像することだけ

本来、ロシア、極東は近くて、ハードルがあるといえば、ロシア語ぐらいです。外国パブにいる女性にとらわれすぎている人もいるかと思いますが、本来ロシア人は気さくで、特におかしな人がおおいわけでもなく、自分たちの人生を自分たちのペースで生きています。怪しい、危険とかは日本人が刷り込まれたうがった考えです。

個人的には外国パブはけっこう行ったとがありますが、やはりこの手の商売をしている仲介業者が日本の感覚しかもっていない古い人ばかりです。あと、それに引っかかる擦れたロシア人は本国ではまれにしかいないです。

女性、男性の関係でいえば、日本でも同じように、いかに外見x内面の掛け算を上げていくかは一緒で、それに語学を組みあわせればそんなに難しくはないです。

難しくさせているのは実は国際経験も男女経験も薄いのに、ワナビーでやっている仲介業者の人たちです。

日本を飛び出す感覚で

実は今思っているのは、我々探す側の男性が、日本を飛び出せばかなり容易になると思います。完全に飛び出す気でいなくても半身を飛び出すために必要なことを考えると

  • 語学(正直英語ではなく、ロシア語が欲しい)
  • メンタル、勇気、行動、フレキシブル
  • 仕事
  • 見た目(イケメンというより、太らない、筋トレを少しづつやる)

このあたりが必要になります。全部なくてもいいですが、少なくとも2つは欲しいです。ロシア語なんて覚えなくてもいいよーって思う人は同時に大体行動力もないので、残念ながら難しいです。

これまで知り合った人で結婚されえている方は、自営xイケメンとか、自営マインドx若い、お金持ちx自営マインド的な人が多いです。

語学が重要なのではなく、姿勢です。行動力がない男性はさすがに海外の女性から見て魅力はないですし、お金で買おうとするにも買えません。

おそらく途中まではいけると思いますが、最後にまでたどり着こうと思うとさすがに難しい。なぜ、ロシア人と結婚しないのか、日本人と結婚するのかとなったさいに、マインド的にアグレッシブさ、ポジティブさ、フレキシブルで柔らかいというのは必須だと思います。

ただ、それらは本当に後天的なものですし、地理的にもアドバンテージはむしろ我々にあります。東京のような魅力的なメトロポリタンを持ち、便利な生活、安全な生活はアピールポイントです(ウラジオストクもとても安全で海が近いですが。。。不便)おいしい食事、地理的に近い、アミューズメントが多い、桜などの四季、温泉などへのアクセスなどすごいアピールできます。

ただ、それでもいま婚活がなかなか成功しないのは

  • 運営者が下手だから
  • 女性への日本の魅力、アピールが弱いから
  • 女性が微妙なのしかスカウトできていないから →運営の問題
  • 男性側がフレキシブルな考え方じゃないから  →運営がそうなってたりする

私はそういうのはしたくないですし、正直にいって、相当にうまくやる自信(時間さえあれば)はあります。

多くの成果を出していきますので(結婚が成果)よろしくお願いします

Pick up And/Or Marriage