. . .

国際結婚、レディーファーストとは

国際結婚のレディーファーストとは

ロシア、結婚相談です。

私は外人女性だから”レディーファーストだ”みたいなのあまり好きじゃないです。西欧文化で行っている”レディーファースト”って結構パターンな気がしております。お箸の持ち方のような、完全にマナー講座で教えられたことを律儀にやっているという気がします。

それより、日本の特性を活かすと相手が驚くような安価なアイデアのプレゼントとかができたりします。100均行くとか、大学の構内歩くとか、上野の博物館(とても安い)いくとか。。話脱線しました。

一応書いておくと、、西洋の人のレディファーストはこんな感じですかね。

ロシア女性へのルーティーンとしてのレディーファースト

1)空港であったらキャリーケース等の荷物を持ってあげる

2)例えばお花を渡してあげる (これは本当に日本では恥ずかしさ先行しますすが、コスパ最強だと思っています)

→花屋さんで店員の女性にも”素敵な男性”と認識され、なぜか一目置かれるので、デートの前にセフルイメージが爆上がりするという副作用もあります

3)ドアを先に開けてあげる(これはヨーロッパ行くといつも驚きますが男性も女性も回転ドアをずっと次の人が通るまで、開けてくれますね)

4)3と似てますが、レディファーストでドアを開けて、レストランに通してあげる

5)一応席は夜景とか見える方に女の子を座らせてあげる

6)スープをズルズル吸わない、パスタを蕎麦のようにズルズル食べない..
→外人女性はラーメンもズルズル食べないので可哀想になりますが..

 とはいえ、もちろんこれはOK!

基本的に日本人はシャイですが、相手の配慮はできるので、このようなわかりやすいことができていれば、後は相手が嫌にならないように行動すると思います。

ただ、外人女性を案内する時はスケジュールを立ててた方がよいですね。私は基本気の向くままに行動するのが好きなのですが、一度、めちゃくちゃ怒られたことがあります。ノープランでどこいくのか不安だ!みたいな。なんで予定立ててないの!っていう。

その後は、自分と相手の意思をあわせるためにExcelとかで旅のしおりを作ったらちょうどよかったです。やっぱ日本同士のデートではないので、一応プラン作ってたほうが無難です。

女性慣れしていない場合は、割とできる範囲で予行演習したほうがよいかもしれないです。

朝はやくおきて、コーヒーとか買ってあげてもよいかもしれないですね。セブンコーヒーは神だと思います。これはレディファーストというか相手が驚くようなプレゼントをアイデアでやってあげるということですかね。

日本人が単純に教えれられていないだけだと思うので出来なくても本質的じゃないと思ってしまいますが..